2021年4月東京交響楽団正指揮者に就任。東京交響楽団の各定期演奏会を始め、フランチャイズの川崎、新潟公演、子供たちとの学校公演、フェスタサマーミューザ、角川武蔵野ミュージアムでの「オーケストラコンサートin浮世絵劇場」公演など多くの企画で指揮を務める。子供たちに本物の音楽を届ける事、日本人作曲家の作品を世界に広めることをライフワークとしており、東京交響楽団&サントリーホール主催「こども定期演奏会」で取り組んでいる子供と若手作曲家による<新曲チャレンジ・プロジェクト>は自身の熱い想いが詰まった企画となって実現している。

シンシナティ交響楽団およびシンシナティ・ポップス・オーケストラ、アリゾナ・オペラ、リッチモンド交響楽団のアソシエイト・コンダクターを経て、2020年シーズンから、アメリカジョージア州サヴァンナ・フィルハーモニックの音楽&芸術監督に就任。ヒューストン、インディアナポリス、メンフィス、ルイジアナ、ウエストバージニア、ツーソン、フェニックス、ハワイ等のオーケストラと共演。国内ではN響を始め主要なオーケストラと共演。

オペラ指揮者としても実績が多く、アリゾナ・オペラのアシスタント・コンダクターとして、<ドン・パスクワーレ><連隊の娘><カルメン><トスカ>ほかの作品を手がけてきた。その他、シンシナティ・オペラ、ブルガリア国立歌劇場、ノースカロライナ・オペラで活躍。2022年11月には<天国と地獄>で東京二期会デビュー予定。またジョン・ウィリアムズのアシスタントとしても活動している。

2010年タングルウッド音楽祭で小澤征爾フェロー賞、2013年ブルーノ・ワルター指揮者プレビュー賞、2014・2015・2016・2020・2021・2022年米国ショルティ財団キャリア支援賞を受賞。2009年、ロリン・マゼール主催の音楽祭「キャッソルトン・フェスティバル」にマゼール本人の招待を受けて参加。2010年には音楽監督ジェームズ・レヴァインの招聘を受けてタングルウッド音楽祭に参加、2011年には芸術監督ファビオ・ルイジの招聘によりPMFにも参加。1985年東京生まれ。インターロッケン芸術高校音楽科において、指揮をF.フェネルに師事。指揮法をロシアのサンクトペテルブルクで学び、2006年21歳のときにモスクワ交響楽団を指揮してデビュー。これまでに、ロバート・スパノ、マイケル・ティルソン・トーマス、オリバー・ナッセン、ヘルベルト・ブロムシュテット、ステファン・アズベリー等に師事。2021年度、第29回 渡邉曉雄音楽基金音楽賞、第20回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

(2022年7月現在)

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
X