LOADING

原田慶太楼

原田慶太楼は、現在、アメリカ、ヨーロッパ、メキシコ、アジアを中心に目覚しい活躍を続けている若手指揮者である。

2020年シーズンから、アメリカジョージア州サヴァンナ・フィルハーモニックの音楽&芸術監督に就任予定。2019年シーズンは、同オーケストラの次期監督としてオープニング・コンサートとクロージング・コンサートに出演する。

これまでに共演、そして共演予定のオーケストラとして、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、新日本フィル、東京フィル、日本フィル、ニューシティ管、神奈川フィル、大阪交響楽団、大阪フィル、名古屋フィル、ヒューストン、インディアナポリス、メンフィス、ルイジアナ、ウエストバージニア、ツーソン、フェニックス、ハワイ等のオーケストラが挙げられる。

シンシナティ交響楽団およびシンシナティ・ポップス・オーケストラとは、この7月24日にアシスタント・コンダクターとして最後の共演を行う。アシスタントを務めたこの4年間で飛躍的な成長を遂げた。

オペラ指揮者としても実績が多く、アリゾナ・オペラのアシスタント・コンダクターとして、<ドン・パスクワーレ><連隊の娘><カルメン><トスカ>ほかの作品を手がけてきた。シンシナティ・オペラ、ブルガリア国立歌劇場でも活躍。今シーズンは、ノースカロライナ・オペラ、国内ではフェニーチェ堺のオペラに登場する。

2010年タングルウッド音楽祭で小澤征爾フェロー賞、2013年ブルーノ・ワルター指揮者プレビュー賞、2014・2015・2016年米国ショルティ財団キャリア支援賞を連続受賞。

1985年東京生まれ。

米国インターラーケン芸術高校音楽科において、指揮をフレデリック・フェネルに師事。20歳でジョージア州メーコン交響楽団アシスタント・コンダクターに就任。また、青少年の音楽活動の場が無かったメーコン市に青少年オーケストラを自ら創設し音楽監督に就任。指揮法をロシアのサンクトペテルブルクで学び、2006年21歳のときにモスクワ交響楽団を指揮してデビュー。

2016年7月と2018年7月にはパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)オープニング・コンサートに出演。

2009年、ロリン・マゼール主催の音楽祭「キャッソルトン・フェスティバル」にマゼール氏本人の招待を受けて参加。2010年には音楽監督ジェームズ・レヴァインの招聘を受けてタングルウッド音楽祭に参加、2011年には芸術監督ファビオ・ルイジの招聘によりPMFにも参加。

これまでに、ロバート・スパノ、マイケル・ティルソン・トーマス、オリバー・ナッセン、ヘルベルト・ブロムシュテット、ステファン・アズベリーなどに師事。
オーケストラやオペラのほか、室内楽、バレエ、ポップスやジャズ、そして教育的プログラムにも積極
的に携わっている。

これまでに、ロバート・スパノ、マイケル・ティルソン・トーマス、オリバー・ナッセン、ヘルベルト・ブロムシュテット、ステファン・アズベリーなどに師事。
オーケストラやオペラのほか、室内楽、バレエ、ポップスやジャズ、そして教育的プログラムにも積極
的に携わっている。

(2019年07月現在)

*プロフィールの一部を使用する場合、日数が経過している場合は、ジャパン・アーツの校正チェックをお受け頂きますようお願い申し上げます。


10/18/2019 音楽の友 2019年11月号

08/19/2019 池田卓夫 : 實川風・福間洸太朗・原田慶太楼コラボショパン「ピアノ協奏曲」に充実の午後

まず感心したのは、原田の指揮。日本のオーケストラはかつて「大した管弦楽パートではない」との偏見に立ち、ショパンの協奏曲の長い前奏を大幅にカットしたうえ、かなり粗雑に演奏する傾向が目立った。日本フィルではあまり見かけないし、原田自身が新日本フィルやN響との演奏会では採用しなかった対向配置を指定、チェロからコントラバスにかけての低弦セクションをピアニストの左耳に最も近いところへ持ってきた。實川は「普通の配置(アメリカ式とかストコフスキー式と呼ばれる)よりも低弦が間近に聴こえ、音の会話がしやすかった」といい、原田は「ショパンの管弦楽では低弦とピアノの一体感が基本と考え、この配置を採用した」と説明する。聴き手としても第1、第2ヴァイオリンが意外なほど独自に動くのを目撃できて、面白かった。

原田はこの土台を音色づくりにも生かし、パリに出る前の青年作曲家の土俗的な音色感、東欧的なサウンドイメージを明確に打ち出した。第1番第3楽章のクライマックスに現れる3連音のトゥッティ(総奏)に明確なアクセントを与えていたが、ポーランド出身の巨匠でショパンの協奏曲の伴奏指揮を複数のピアニストと残したスタニスラフ・スクロヴァチェフスキがN響と共演した際には、さらにスフォルツァンド(強いアクセント)をかけていた。理由を質問すると「私は同国人だから、下敷きとなったポーランドの舞曲のリズムを知っている。ショパンも『皆んなが知っていて当然』と考え、あえて記譜しなかっただけ。ただのフォルテを3回鳴らしても、意味がないのだよ」と教えてくれた。原田はポーランド人ではないし口承伝承の担い手に属する世代でもないが、きちんとした譜読みと優れた音楽的直感を頼りに、この部分の適切な処理に到達したのだろう。綿密に歌わせながら絶えずピアニストの打鍵を振り返って確かめ、ソロにピタリと合わせていた。ショパンの協奏曲伴奏で、これほど丁寧かつ様式を掘り下げた指揮を聴けただけでも、幸いだ。

池田卓夫 | いけたく本舗

08/06/2019 飯尾洋一 : N響ほっとコンサート 世界ぐるっと名曲の旅

指揮の原田慶太楼がすばらしい。こういったファミリーコンサートに求められる要素をすべて満たしてくれた。なんどか指揮台を降りて、客席に向かって手拍子を求めたりするのだが、客席とのコミュニケーション能力が抜群に高い。前半のおしまいには即席指揮講座も。あらかじめ来場者全員に配布されていたケミカルライトをみんなで振って、オーケストラの演奏に合わせて指揮マネをするという趣向。これは客席の子供たちのテンションを高めるのに大変効果的。「マランボ」では、客席に足踏みや手拍子を求め、さらには途中からN響メンバーを立奏させて盛り上げる(立ち上がるN響!)。しかも、演奏のクォリティが高い。明るく華やかで、くっきりしたサウンドを引き出し、リズムも歯切れ良い。私見では、子供たちは作品が保守的だろうが革新的だろうが気にしないが、曲が長いとすぐに飽きる。なので、「ダッタン人の踊り」や「ラプソディ・イン・ブルー」は大丈夫かな~と案じていたのだが、客席はしっかりと集中を保っていた。これはまちがいなく演奏の力。アンコールに外山雄三「管弦楽のためのラプソディ」から「八木節」。

飯尾洋一 | CLASSICA

08/05/2019 池田卓夫 : 原田慶太楼指揮NHK交響楽団

今年34歳、17歳で米国へ渡る前の日本時代もインターナショナルスクール育ちというコスモポリタン、原田慶太楼のN響デビューがサマーフェスタミューザ川崎で実現するのは、絶対に聴き逃せない。
ソリストの反田恭平の人気もあってチケットは早々に完売したが、反田を目当てに集まったファンにも、原田のアメリカン・スタイル全開で輝かしく、フルにオーケストラを鳴らす力量と名前はしっかり、記憶されたに違いない。冒頭の「うんりき」からして全身振りの派手なジェスチャー、熱く切り立った響きで客席を圧倒した。
原田は楽員のみならず、客席にも手拍子、足踏みでの「参加」を求め、ミューザに破格の熱狂をもたらした。N響理事長が「いやあ、今日はN響らしくないN響でした」と(もちろん褒め言葉で)顔を輝かせていたのが印象に残る。大成功のN響デビュー!

池田卓夫 | いけたく本舗

10/21/2018 音楽の友:コンサートレビュー大阪交響楽団

原田のタクトは対向配置のオーケストラから爆発するようなダイナミックな咆哮、
あるいは囁くような響きを巧みに引き出した。

嶋田邦雄 | 音楽の友

02/20/2018 MOSTLY CLASSIC モーストリー・クラシック: 原田慶太楼 指揮

01/21/2018 SPICE: ブルガリア国立歌劇場日本公演『カルメン』を指揮、若きマエストロ 原田慶太楼に聞く

ブルガリアの巨匠カルターロフと原田慶太楼とのコラボレーションによる新しい『カルメン』。
気鋭のマエストロが名門歌劇場を相手にどんな演奏を繰り広げるのか注目である。

山田治生 | SPICE

01/19/2018 音楽の友: ブルガリア国立歌劇場《カルメン》 プラーメン・カルターロフ&原田慶太楼

X